EVENT

|

2020.07.28

江崎グリコ株式会社×NPO Doooooooo×CLOUDY共同企画 実施報告

SHARE
Facebook
Twitter

アフリカ・ガーナ共和国にて “BEAT THE COVID-19 PROJECT”食糧・マスク配布支援 + 日本向けマスク生産雇用支援プロジェクトを実施


障害者・シングルマザーに対するマスク製造機会の提供

この度、江崎グリコ株式会社様から日本向けマスクの製造依頼を受け、弊社がガーナ共和国現地にて雇用している40人の従業員に対し就労機会を提供頂きました。弊社は障がい者およびシングルマザーを主に雇用しており、1000枚のマスクを発注頂いたことで彼らに2週間分の就労機会を提供することができました。

7月28日現在、ガーナ共和国の新型コロナウイルス感染者数は33,624人と増加の一途を辿っており、4月下旬にロックダウンを解除して以降、人々の生活は厳しさを増しています。弊社の社員も海外向け輸出製品製造が止まってしまうなど、仕事の機会が減ってしまっている厳しい現状の中、就労機会の提供を頂けたことで従業員の“今”の生活を守ることができました。


BEAT THE COVID-19 PROJECT”食糧・マスク配布支援を実施

マスク製造依頼で得た収益の一部を使用して、7月23日にガーナ・首都アクラにあるアグボグブロシー地区にて1,000食分の食糧及びマスクの配布支援を行いました。

アグボグブロシーは首都アクラの中心部に位置し、世界最大の電子廃棄物の墓場と言われているゴミ山に覆われたスラム街です。東京ドーム32個分の面積に先進国が捨てたゴミが行き着き家電製品や電子廃棄物で埋め尽くされているこの地区で、経済的に困窮している人々に対して支援を実施、多くの人達に栄養と今を生き抜くエネルギーを届けました。